読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おひたし

徒然なる奔放記

おひたしプレイリスト (2016年上半期)

radikoで久々にラジオを長い事聞いてるといろいろな曲を耳にするので、特に気に入ったのを半年ごとにまとめる事にした。
コメントを書くのは苦手なので思ったことを簡単に。

ついでにAppleMusicでまとめた。

一部未配信なのがあったりしたので、なるべく配信されている構成で組んだ。

2016年上半期30曲


分かってはいても衝撃的すぎて笑ってしまう。
映像から歌詞から攻めている。


ただただ軽快で楽しい。お気に入り。

  • MONSTER WORLD / HOWL BE QUIET


J-POP寄りなロックバンドかと思ったらあくまでアイドル路線らしい。
個人的にはピアノの自由な演奏が良い。

  • STAY TUNE / Suchmos


ベリベリ
バーボン
ベリベリバーボン
パーリナイ

シティポップぽくもありロックミュージックぽさも感じるのに何処か独立した感じがして何度も聞きたくなる。


安心のlivetune節。


合間合間に入るシンセの音がとても気持ちいい。
PVも相まって「The オールディーズ」感が高い。

  • ハローダーリン / SALU


「あ、こういうヒップホップ好き」と思わず一人納得した一曲。

  • RAW TOWN / 蓮沼執太


軽いメロディに淡々と歌詞を述べるようで、ビスケットのような軽さで地下鉄巡りをしてる感覚になる。

  • はなちるさと / ADAM at

はなちるさと

はなちるさと

  • ADAM at
  • ジャズ
  • ¥250
BGMを意識しているかのような主張しない音選びに感心。

  • GOLD / Special Favorite Music


こんなバンドがあったのかと思うくらいに絶妙なインディーズ感を出しつつもしっかりとした構成でただ驚く。


ただただ格好良いピアノロックかと思ってたけど、アニソン枠なんだ・・・。

  • Stay (feat. Maty Noyes) / Kygo


溢れる浮遊感。素晴らしきトロピカルハウス。

  • Where the Sun Goes / Redfoo


尖ってないParty Rock Anthem
よく聞く音楽番組のDJが「『Party Rock Mansion』というアルバム名だけど絶対こんなマンションには住みたくないよ!」と紹介したのには笑った。

  • 合法的トビ方ノススメ / Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)


MVといい際どい歌詞選びをしてるのにiTunesStore上だとExplicit指定されていないのが面白い。

  • Shooting Star / 1 FINGER


ポストケツメイシらしく雰囲気を継承しているので、今後が楽しみ。



こういうアーティストは絶対に必要。

  • YAMABIKO / NakamuraEmi

YAMABIKO

YAMABIKO

  • NakamuraEmi
  • J-Pop
  • ¥250
よく聞く番組に一度ゲストで来ているところを聞いて、その迫力にただただ食い入る様に聞いてた。
生き様を切り取ってほぼアカペラで歌に載せてる感じ、ただただ強い。

  • Give Me Your Love (feat. John Newman & Nile Rodgers) / Sigala


たまにはこういうEDMもいいよね。

  • 衝撃リバイバル / ハッカドロップス


この時代にあえての歌謡曲
ダサカッコイイとはこの事か。

  • MUSIC VIDEO / 岡崎体育


出て早々MVに注目が行ってたけど、曲だけを聞くと実はしっかりと作られているので、
ネタだけではなく映像へのリスペクトがあるからこそ生まれたのかなーという印象を得た。
ただしアルバム名の読み方がいまいちわからない。

  • My Best Friend / Little Glee Monster


全員高校生とか嘘でしょと思うほど歌声がしっかりしてる。
どことなく福原美穂を思い出したのでコラボしてる所が見たい。


可愛い。

マスカット

マスカット

謡曲ですら歌い上げる安定した歌唱力が相変わらず良い。

  • Confession / callme


アイドルではなくもうダンスボーカルグループとして見るべきでは。
Perfumeぽい」と言われてるけど、半分そうで半分違うんじゃないのかなあ。


W-inds + 韓流ぽさのあるノリ。

  • Love Like That / Mayer Hawthorne


落ち着きつつも格好良い。


雰囲気や設定含めてアニソン歌手という形で収まっているけど、普通にJ-POPでも通用しそうな雰囲気を感じる。

  • Be Alright / Ariana Grande


この前たまたま見ていたSMAPxSMAPに出ていた時も思ったけど、音源で聞く以上にライブで歌って踊る姿が一番映えそうな歌手。

僕たちの未来

僕たちの未来

プロデューサーに多保孝一氏がついてから弾けるように一気にキャッチーな雰囲気に変わって驚いた。


LOVE PHANTOMの前奏記録更新したかと思ったけどライブバージョンをベースにした作りなのね。

感想

邦楽多めではあるけど、邦楽も良いのがまだまだあるし、AppleMusic契約してるからどんどんdigらねば。
ちなみに今Electro Swingが個人的に来ているので最近はそれらを中心にインプットしてる。